前立腺の治療

前立腺の症状と治療

 

 

 

 

前立腺の不調にもいろいろあります。
急性前立腺炎や慢性前立腺炎といった炎症は若い人にもよく見られます。
前立腺結石といって、前立腺の内部に結石ができることもあります。
しかし、高齢者の特有の前立腺の病気といえば前立腺肥大症と前立腺がんということになります。

 

韓国で製造されたザイデナなどが前立腺肥大症では指定薬として使われることがあります。前立腺の肥大症は決して珍しい病気ではなく、極端な言い方をすれば男の宿命のような病気です。

 

あるアメリカの学者による病理学的調査によれば、40歳台で20%、50歳台で40%、60歳台で70%、70歳台では80%に前立腺肥大が確認されたといわれています。

 

 

しかし、病理的に前立腺肥大症が起きても、必ず自覚症状が出るというわけではありません。一般的には50歳台の男性の20%ぐらいが自覚症状のある前立腺肥大症にかかっているといわれています。日本でも前立腺肥大症で、病院にかかる人は年々増加傾向にあるようです。

 

前立腺が精液の一部である、前立腺液を分泌する臓器である事柄もわかるように、その形態や機能は男性ホルモンによってコントロールされています。このため、男性ホルモン濃度が急激に上昇する思春期になると前立腺が大きくなり始めます。

 

20歳台30歳台でその大きさはピークとなり約20グラムの大きさになります。その後は大きな変化は見られませんが、40歳代から前立腺肥大症となり、再び前立腺の大きさが増え始めます。

 

 

 

 

 


このページの先頭へ戻る